08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-01-28 (Mon)
午後面会に行ってきました。
院長先生ともたくさんお話をしました。

とりあえず、貧血は進んでませんでした。
正常値の半分くらいですが、なんとなく落ち着いていて
ねねさん自身、とっても元気でした。

IMG_0422.jpg
顔を見れば、しっぽブンブンで
早く抱っこしやがれ~~~・・・

食欲もあり、よく鳴いているそうです・・・
まあ、爆吠え・・・

元気な証拠なので・・・

この後、ねねさんは、パルス療法という治療を受けます。
ガンマガードと、パルス療法でたぶん、効くでしょうと。

その後、抗がん剤投与・・・

ねねさん、慢性貧血なのにそこそこ元気なのは・・・
慣れているから。。。
高地トレーニングをずっとしているような感じ???

帰るね・・・と入院室に戻すと
IMG_0428.jpg

なんちゅう恐ろしい顔・・・
血液を壊さないようになったら退院です。

血液を作る細胞はたくさんあるそうです。
でも、壊す方が早いため貧血が改善されません。
でも、昨日のガンマガードで余分なことをする抗体の邪魔ができるので
もうすぐだと思います。
IMG_0431.jpg
スポンサーサイト
* Category : レスキュー
* Comment : (6) * Trackback : (-) |

No title * by らんのおとうさん
お薬が効果あるようでホッとしています。

ねねさんその元気があれば絶対に病気に勝てるはず!!

その悪い目つきで病気をやっつけちゃいましょう♪

No title * by 貫と蘭
やっぱりねねさんは肝っ玉姐さんです。何と言ってもこはく姐さんの所へ来たのですから(笑)
名医の先生と、こはく姐さんと、その他たくさんの人達に守られてます。重たい運命ではありますが、それを乗り越えるだけの強さ持ってます。凄い子ですね(^o^)/

* by ルビー
ねねちゃん、治療の方針が決まったんですね。ゆっくりと快復をしていってほしいです。食欲と元気があるのなら大丈夫!参考にはならないかもしれませんが、前犬のポインターは冬に低体温症になり、16才という高齢でもあったため病院で死ぬ直前と言われたことがあります。でも、飼い主共々、必死の努力で一年以上持ちこたえました。ねねちゃんはまだ若いし、サポーターも沢山います。望みを繋いで頑張ってほしいです!

Re: No title * by こはく姐さん
らんのおとうさんさま

本当に、ず~~~~っとあの顔で見上げていたんです。
追っ払って欲しいです。
お薬はきっときくと思います!!

Re: No title * by こはく姐さん
貫と蘭さま

本当に底力もった子だと思います。
普通はもっとぐったりの筈だそうで。。。
院長先生もびっくり。。。
あ、私は普通の人間です。。。

Re: タイトルなし * by こはく姐さん
ルビーさま

ありがとうございます。
受ける人がちゃんとしていれば
きっとなんとかなると思っています。
まあ、根性は座っているので・・・

コメント







管理者にだけ表示を許可する