05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-09-12 (Mon)
お嫁に行く子。
IMG_2869.jpg
FBでよく見かける呼びかけ。
期限が・・・・
助けてください・・・
保健所やセンターと連携をとりながらの
里親探しなのだろうが
私には、とうてい納得は行かない。
一緒に生活してみないとどんな子かわからない。
そんなリスクを優しい里親希望の方に背負わせるのは間違っていると思う。
センターでの様子と家庭に入ってからの様子は
私の経験上全く違うもの。
いろいろなものへの反応や人や犬への態度。
そういうことを判断したうえでの、お見合い、トライアル、正式譲渡となるべきだと考えている。
IMG_2817.jpg
何度迎えに行っても、何度嫁や婿に出しても
みんな、センターや保健所にいた時とは違っている。
もっと言えば、下宿犬たちは、新しい家族のところへ行くと、
預かっていたときとも
ガラッと変わる。
でも、大体の性格や行動パターンは預かっている間にわかるもの。
IMG_2821.jpg
最後まで飼う、おバカな繁殖はさせない
ということは、絶対に必要だけれど
2回目の犬生を歩ませるために
新しい家族と保護っ子が苦労しないために預かりは絶対に必要だと思っている。
IMG_2826.jpg
地域的に今は難しいのかもしれないけれど
それを、旗にして、手抜きの保護をしないでほしい。
そりゃ、すべてを助けることができれば、
それに越したことはない。
でも、その旗に甘えるべきではない。
IMG_2840_20160912200326e63.jpg
難しい問題だけれど・・・
保健所やセンターと協力して、里親を探すなら
その犬や猫の詳細情報をもっと頻繁に更新すべきだとも思う。
IMG_2852.jpg
無理はしてはいけない。
無理をしないと助けることができない。
本当に苦しいのもわかる。
少しの勇気が変化をもたらすのも事実。
IMG_2864_201609122003488d6.jpg
私は、自分のキャパを知っているつもり。
だから、できることをできるときにできるだけ。
つぶれないように、これからも、続けていきたいから。
他力本願な保護は保護ではないと思っている私。
じゃあ、助けられないじゃんと言われるかもしれないけれど
無理をすれば、しわ寄せは、犬猫にいく。
保護をしたことのあるものとして
保護を続けようとするものとして
保護っ子に責任を持つべきであると
強く思う今日この頃で、
こんなことを書いてしまいました。
スポンサーサイト
* Category : レスキューとウチのわんこ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。