09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-09-25 (Fri)
先日わん友さんが出店してるというので
刺激をもらうためと陣中見舞いに
ギフクラフトフェアに行ってきました。
フンフン言いながら、お店を回り
一目ぼれした銅の打ち出しの額を一つだけ購入。
IMG_6627.jpg
自分では絶対にやらないし、私はウサギは描かないし・・・
でも、かわいくて。
で、ドレッサーの中を探り、にんまりして次回の依頼を決めました。
革の色合わせ。
ポケットはこの色に決定。
IMG_6598.jpg
裁断も終了。
40枚縫い続けるよ~~~
IMG_6599.jpg
でも、今日は午後から、小学生のふれあい。
これを持って行ってきます。
IMG_6640.jpg
めちこの新曲のルーティンが決まってないから
今から、練習。
Dragon Night
せかおわの曲初めて使うけど、やりやすそうです。
昨日は、センター主催の講演会に行ってきました。
矢崎潤先生。
なかなか、はっきりさっぱりとお話される先生で
面白かったです。
杉本彩さんと矢崎先生で組んで公演して回ったら
すごく面白くて説得力あると思う。
印象に残っているお話をいくつか。

ケージに入れっぱなしの飼い方を
室内飼いではなく、閉じ込め飼いと。
お留守番させるためには
広いスペースが必要。
いたずらさせない環境つくりも必要
かかわる時間を濃密に
「不活発な動物は不幸せ」
「行動レパートリーが多ければ多いほど幸せ」
「生活を豊かにする試みをしましょう」
「birth コントロール」
「小型犬に散歩がいらないなんて、嘘です」
「疲れた犬は幸せな犬です」
適正な多頭飼育かの判断基準は、トイレの失敗があるかないか
「アニマルホーダー」
何よりうれしかったのは
愛護センターが日本でも数少ないほど
素晴らしいセンターであると言っていただけたこと。
職員の方一人一人が
センターにいる子たちをしっかり観察し
大切に扱い、
その子にとっての一番の幸せを考えていると。
そのセンターに協力できていることがうれしく
センターを誇りに思いました。
矢崎先生は、一緒に暮らしているわんこやにゃんこの安全を考えて
いろいろ決めるといいとおっしゃってました。
守るのは飼い主です。
部屋が散らかっていたら
誤飲誤食から、守れるでしょうか?
災害時、ハウスやキャリーに入れなかったら
安全な場所までの避難をすることができるでしょうか?
屋根から救助してもらった柴犬・・・
おとなしく袋に後ろ足を入れ抱っこされていました。
リード無しで100%の呼び戻しができますか?
ごはんやおやつの与え方は間違ってませんか?
健康を守るのも飼い主です。

今日のふれあいは、わんこも避難バッグがあるんだよと話してきます。
で、こはくさんは靴を履くデモ。

何か心に残ってくれるといいんですけどね。
スポンサーサイト
* Category : レスキュー&仕事
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する