09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-08-19 (Wed)
車で走っていると
こんな方を見かけました。
びっくりして、何度も見ました。
IMG_6302.jpg
日焼けが怖いんでしょうね。
でも、顔にかかるバイザーに、全身真っ黒、おまけに、お顔も黒い布で覆われていました。
パッと見、どこにも皮膚は出ていません。
この人、どこに行くんだろう?
この日は、雨が降ったりやんだり・・・・
不思議な方で、失礼かとは思いましたがこっそり撮ってしまいました。
ごめんなさい。
逆に、暑すぎて、熱中症が・・・

お勉強していると見張る・・・
IMG_6306.jpg
交代制らしい・・・
IMG_6308.jpg

ガンのお話。
ガンは遺伝子の病気と言われています。
悪性の腫瘍をガンと言います。
もう必要数になったので
細胞分裂は終わりです。
と指令を出しても停止ができなくなったものが
「ガン」です。
ずっと、悪い細胞が、増殖し続け
浸潤し転移する。
体が必要としている栄養を横取りし
どんどんやせていく。

ガンを治す薬が発明できたら、ノーベル賞みたいです。
間違ってますよと伝えたら
そうなんですね、わかりましたと
止まってくれたら、本当にいいのに。

これに近いお仕事してくれるものが、実は、体の中にあります。
メラトニン。
聞いたことがあるかもしれません。
睡眠中に脳の松果体から出る成長ホルモン。
お肌がきれいになったりと話題になっていました。
ガン細胞の成長を抑制する働きがあるようです。
ぜひ、良い睡眠を。
良い睡眠とは・・・
真っ暗。
真っ暗にならないと出ません。
朝、太陽の光を浴びて12時間以上たつと出てくるという話もあります。
早起きの方は、早寝してくださいませ。

あと、ガンは免疫にも大きく関係しています。
生活環境に気を付け
暴飲暴食はやめ、
適度な運動をし
ストレスをためず、
化学物質に気を付ける。
飽食の時代から質素な生活へ???
できることをできるだけですね。

ガンの種類は、
乳腺腫瘍
リンパ腫
皮膚の腫瘍
肉腫
があるようです。
何より、早期発見早期治療です。
リンパ腫と肉腫は見つけにくいし
見つけたときは、、、、
てことが多いようです。
毎日の観察が必要ですね。

例えば、
傷の治りがおそいな~~
しこりがあるぞ
最近やせた??
好きなものをいらないって言う
鼻とか耳とかから出血が
お散歩を嫌がるようになった
変なにおいがする
下痢とおう吐
おしっこに血液が・・・

どうぞ、こんな症状があったら病院へ。
るりさんは、
体重減少とたま~~~に下痢とおう吐だけでした。
たぶん脾臓由来の肉腫だったようなので
血液をためておく脾臓なので
体中に飛んでいくんでしょう。
転移は肝臓でしたが
気づいた時には90パーセント以上に転移が見られました。
本犬は痛みも何んもなかったようなので
気づいていなかったと思います。

ガンに良い食材・・・
インドールやスルフォラファンを含むもの。
アブラナ科の野菜、キャベツやブロッコリーなんかがいいです。

魚油・・・DHA,EPAはガンの増殖を抑えます。ぜひ。

ニンニクに含まれるアリシンはガンが勝手に新しい血管を作るのを抑制します。
新しい血管ができなければ、ガンは成長できません。
ニンニクを直接は、気が引けるわという方は
オリーブオイルにニンニクを漬けてそのオイルをご飯にかけてもいいですよ
このオイルは耳掃除にも使えます。

あと、炭水化物は控えましょう。
ガンの餌です。
ガンがえさにしにくいものは
脂肪です。
肝臓さえ元気ならば脂肪をたくさんあげてくださいな。
肝臓にガンがあると、、、どうしたらいいのか・・・
どうにもしてあげられませんでした。
やっぱり、ノーベル賞ものの治療を強く望みます。
スポンサーサイト
* Category : ウチのわんことお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する