10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-07-06 (Mon)
こんな感じで5回回って・・・・お腹だし


雨の日の体力を減らす一つの方法としていかがでしょう。

私は3わんこそろってに挑戦ちう・・・
いつできるだろう???
1わんこずつならいけるんだけどな~~~

で、ワクチンのお話。
まず、子犬は小さい頃は母犬から免疫をもらっています。
母子免疫とか移行免疫とか言います。
割合は・・・
胎盤から10パーセント
初乳から90パーセント
生まれてすぐに母犬からもらうお乳がどれほど大切なのか
わかると思います。
最初にもらったこの抗体が高ければ何度ワクチンを打っても抗体はできません。
なので、最近は3回とか4回。
そんな恐ろしい・・・
ショップに並ぶのが早すぎるからでしょうね。
ショップでパルボ???みたいな怪しい子がいたら
蔓延しますから、、、
打っちゃうんでしょうね。
ちなみに去年預かったぱぴこたち
初回接種は50日目くらい、2回目接種は100日過ぎでした。
じゃあ、切れそうなころを狙ってワクチン打てば
ぱぴーにも親のお財布にも優しいのに・・・
と思うのは私だけかしら・・・
絶対ではないですが、
ぱぴーの移行抗体が切れるのは
生後50日から100日と言われているようです。
参考にしてくださいませ。
16週め(112日目)という説もありますから・・・
もうひとつ、抗体ができない子もいます。。。
パルボに関しては1000頭に1頭
ジステンバーに関しては5000頭に1頭。
病気にかからないようにと考えて打つワクチン。
でも、犬種によっては危険もあるようです。
例えば、キャバリアの子たちはパルボが入っているワクチンをしたら、
心疾患をおこしたり、血小板減少症になることもあるようです。
ぱぴーは、1~2週間で症状が出るようです。
なので、成犬でも4週間くらいは注意してあげてくださいね。

レプトスピラ・・・・・
とっても怖い病気で、これは細菌が媒介します。
ネズミなどのおしっこから・・・水辺でよく感染するらしいです。
川遊びに行くウチとしては、
毎年春の8種混合ワクチンは必須になっていますが
毎年ドキドキして接種しています。
レプトスピラは不活化ワクチンなので、ワクチン接種での感染の可能性はないです。
でも安全なので、免疫反応の効果を上げないと信用できないのか
アジュバンドと言うアルミニウムや水銀などを原料にしたものを使い
混合ワクチンに溶かし込みます。
このアジュバンドが曲者でアレルギー反応を起こす犯人と言われています。
おまけに、この不活化ワクチン免疫の持続期間が非常に短い。
狂犬病などは3年に1度でいいんじゃない?とも言われ始めているのに
これは、2~6か月しかもたないようで・・・
なので、ネズミさんたちがしっかり動き始める時期に
免疫を持たせるためには
冬に打っても意味がなく・・・
ネズミさんが住んでいないような地区の方々は
打つ必要がないカモで・・・
まぁ、拾い食いさせない、なめさせないを徹底できればいいんでしょうけどね。

レプトスピラだけ単体のワクチンとかできればいいのにと
思ってしまう。
抗体価を調べて、値が高ければそのワクチンは打つ必要がなくなるし・・・
そういう時は、知らない間に病気にかかっていたってことですけどね・・・
健康であれば、病気に感染しても症状が出なかったりすごく軽くて風邪かな?
で過ぎてしまったりもよくある話のようで。。。

アレルギーが出たことのある子は、一度抗体価を調べるといいかもしれません。
ワクチンを打ってなくても、
抗体価の記録を出すと大丈夫なところも増えているようです。
それだけ、アレルギー反応を起こしている子が増えたと言うことでもあるんでしょうね。

ワクチンのお話、次回も続きます。

ワクチン打ったら、肝臓頑張って解毒しようとします。
なので、抗酸化作用の高いものあげてくださいね。
それから、注射の時間は午前中。
30分は動物病院で待機。
アレルギーのような反応は、半日くらいしてから出るときもあります。
なので、午後診がある午前がベターですね。
スポンサーサイト
* Category : 仕事とお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する