02≪ 2017/03 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-03-17 (Tue)
日曜日、一般向けの災害時の講習会に行ってきました。

また、違う団体がお話をしてくださいました。

その中の一つ・・・
自分のわんこが一日どのくらいの水を必要としているか・・・

なんとなくは、分かっている気がしますが・・・

健康に生活するためには
1kgあたり、50mlの水が必要なんですって。
こはくさんたちは、5キロ弱。
250ml。
それに、おしっこを流したり、まぁ、トイレシートでしますけど
何かの時におそそするかもしれませんから、
ペットボトル1本かな。

るりさんのは、、、、計算したくなくなりました。

あと、どのくらいのものを持っていけるか・・・・
実際、背負って何キロ歩くかはわかりませんが。。。
体重の20%と言われているそうです。
犬をクレートに入れて運ぶなら
その分を引くと。。。
大したものは運べません。
うちは・・・ますます・・・避難所は遠い存在かな

で、お~~~~~と思った話。

東京の練馬区では、
避難所への同行非難を拒否しては、いけない条例らしきものがあるようです。
すごい!!!
おまけに、長期化したことを考えて
大きな公園3か所に、
動物用のシェルターを建てるように考えているそうです。

ウチの地区はそんなものは聞いたことないな~~~

荒川区にも災害時の同行非難についての
ガイドラインがもうあるようです。

すばらしい。
まだまだな地区はこれからなので
市民運動として活動してくださいね。。。
と言われましたが・・・

難しいな~~
個人では、知名度のある人がちょいと言ってくれたらいいのに。

災害時。。。
まずは命です。
火を消す。。。
今のガスは、消えるようにできているそうです。

近くにいないとき、わんこは、パニクらないでしょうか?
パニクったとき、どんな行動をするでしょうか?
そんな話も出ました。
フリーの時。。。どうするんでしょう??
ウチは、クレートインで留守番させていますが
火事になったら、きっと助かりません。
フリーだったら逃げるかもしれませんが
落ちてくるものから逃げることができるかしら???
落ちてわれたりしたものを踏んだりしないかしら???

正しい答えは、分かりません。
でも、もし、ケージでお留守番なら
屋根があれば、きっと防げることもあるでしょう。
フリーでも、クレートのドアが開いた状態で置いてあれば
そこに避難することができるかもしれません。
一緒にいるときには、ハウスの一言で
ハウスできれば、きっと人もわんこも焦らずにやり過ごすことができるかもしれません。

そうそう、もう一つ。
チェックシートに書いておいたほうがいいものが増えました。
食事の回数と量。
おなかを壊しやすいとか、常備薬の名前と量も、
あと、好きなこと得意でないことも、
離れ離れになってしまった時の確認に使うことができたり
長期の避難で預けなければならなくなったときに、
参考にお世話をしてもらえたりします。

狂犬病のはがきが届いたので
写真を撮って保存しました。
マイクロチップの番号も控えてありますか??

この際だから、3月中に準備してしまおう
とリュックを引っ張り出しました。

でも、お仕事もやってます。
某ブランドバックを参考にしたのですが。。。
それの、外縫い!!
IMG_4173.jpg
なかなか楽しいです。


≪希望が丘青空てづくりショップのお知らせ≫
3月29日 ジャックの里として出店します。
ジャック仲間がいっぱい集まる予定ですので
良かったら遊びに来てください。
広い公園、のびのび遊べますよ♪

滋賀県野洲市北桜978
希望ヶ丘文化公園 スポーツゾーン
(西ゲート側)

ロングリード持参で私も行きますよ~~~
晴れろ!!!!!!
スポンサーサイト
* Category : お仕事とお知らせ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する