07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-02-19 (Thu)
3年ほど前に嫁いだ子が虹の橋を渡りました。
せっかく幸せになったのに
どうしてもっとゆっくりしないんだろう・・・

その子は、たぶん、ブリーダーの遺棄
たくさん産まされて、用なしになってポイ・・・
だから、体の中はきっとボロボロだったんでしょう。
嫁いで間もなくから、異常が感じられたと。
それでも、たった3年しか一緒にいられなかったのに
この子でよかったと言っていただけました。

どれだけ気をつけていても、シニアになれば体調不良は出てきます。
どんな環境でどれほど過酷な生活を強いられていたかわからない放棄の子たちは
どこに爆弾があってもしようがないのかもしれません。
それでも、この子と思っていただける家族につなぐのが私たちのやっているボランティア。
ただただ切ないです。

その子は、小さなボールが大好きだったと。
たくさん集めては、自分のベッドのそばに置いて眠っていたと。
ねねさんもそうでした。
にこさんも。
自分の赤ちゃんを取り上げられた子たちはみんなそうなんでしょうか??

それでも、私はこのボラを続けていこうと思います。
だって、苦しむだけではかわいそうすぎる。
少しでも長くが希望ですが、
本当の家族のもとで
本当に暖かい幸せを感じさせてあげたいから。
そりゃ、若くて元気なほうがいいに決まっています。
でも、そうでない子にもご縁をいただけるように努力したいです。
できるだけの医療と愛情を注いで
できるだけの健康体にして嫁や婿に出してあげたいです。

今のこの時代、ブリーダーがどうの、ペットショップが・・・
と私が言っても何も変わらないでしょう。
じゃ、このブログを読んでいる皆さんにお願いがしたいです。
どうか、自分の小さな家族の不調を見逃さないでください。
手遅れになんてしないでください。
最後まで見てください。
治らないからと言って捨てないでください。
もしも何かあった時の避難先を決めておいてください。
こんな言い方は変かもしれませんが
最後まで看取る勇気がないなら
自分の手で責任をもって一生を終わらせてあげてください。

嫁いだ子、絶対に幸せだったと思います。
本当にありがとうございました。

きっとこんな風にお昼寝していたんだろうなぁ
IMG_3757_20150219205049c80.jpg
スポンサーサイト
* Category : レスキュー
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する