02≪ 2017/03 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-11-27 (Thu)
今日、取扱業の講習がありました。
主な内容は、
愛護法の改正と災害時の同行避難について、愛護センターの仕事についてでした。
IMG_0990.jpg
愛護法の改正は、まぁ、ザル法・・・
センターが引き取り拒否するようになったから、遺棄、廃業が増えたなんて嘘だと思います。
大手のペットショップが、自分の会社で繁殖所を作ったから。。。
あとは、景気???
IMG_1021.jpg
災害時の同行避難。。。
とても望まれることですが、それは権利ではないのです。
認めてもらえるよう、努力が必要なんです。
新潟、東北、阪神、伊豆大島などに救援に入ったNPOの方が話してくださいました。
同行避難するためには、準備が必要。
1週間分のフードと水。
ペットシートやリード、薬など。
そして、それを持ち運ぶ手段は?
何より、人命優先。
それはしょうがないこと、、、
みんなが、家族を失ったり、財産を失ったり、自分のペットを失ったりしている中で
たまたま、生き延びたペットに救いの手を差し伸べることは大切なことですが
それを、大っぴらにしていいのか???
傷ついている心を逆なですることにはならないか?
そうならないために、認めてもらえるように。
とにかく、キャリー。
キャリーがあれば、まず、一緒に行けるでしょう。
大切なのは、フレンドリーであること。
うなったり吠えたりする子は、受け入れてもらいにくいと。
この辺りは、親の責任かなと。
なかなか難しい。
もしものとき、家族とどこに避難するか決めていますか?
その時、わんこは?にゃんこは?
もしものときは、いつやってくるかわかりません。
どうか、避難訓練してみてください。
IMG_1027.jpg
愛護センターのお仕事、
頑張っていると思います。
でも、返還と譲渡を頑張っても、、、
怪我のひどい子、老齢の子は苦しみを長引かせることができないので
殺処分しているそうです。
話しって下さったセンターの方は、
老齢動物の介護の仕方を広めていけば、減ると思いますと。
それが、最後までという責任の取り方。
あとは、迷子にさせない。
やっぱり、親の責任。
適当な飼い主、業者が、センターを苦しめているのは間違いない。
少しずつでいいから、いろんなことを広めていきたいと思いました。
2回目の駆虫が終わったら、ぱぴこ、クレートトレーニングを始めます。
車の移動ももちろん、同行避難も、、、
たぶん、警戒吠えも、、、

今日、フードを持って、落ち着く練習をぱぴこにしました。
お茶碗だと、まだバタつきますが
一粒一粒だと考え考え座るようになりました。
なかなか、お利口です。

でも、ぱぴこはやんちゃです!!

成犬4Vsぱぴこ3
みんな必死。

ぱぴこがウガウガ言ってるとるりさんが、お出ましに。
上手に相手をするようになりました。
引きこもりの性格の悪いるりさんを変えてくれたぱぴこに感謝です。

ひすいさんも、やっぱり素敵な子です。

やんちゃが過ぎると、マズルをカプっとするようになりました。
成長に合わせて対応を自然に変えているんだなって。

3ぱぴこを1度に相手をするには、このくらいの体が必要??
さんごさんが、3ぱぴこの相手をしているのは辛そう・・・

なにより、しっかり育っているので、私は自分のわんこに頭が上がりません。

本日の体重
こうちゃん・・・1525グラム
もうちゃん・・・1675グラム
じょうくん・・・1655グラム
スポンサーサイト
* Category : レスキューとウチのわんこ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する