09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-04-10 (Tue)
勉強してきました。
長いですよ・・・4時間の講義でしたから。
がんばって書きますね。
2回に分けますが・・・

今回は解毒のお話でした。
1番に思ったこと
「体に負担のかかることは一度にやらない!!」
でした。

例えば、予防接種とノミダニ予防薬。
予防接種は、予防のためにいわゆる病気のもと???って言ったら変だけど
体に入れて免疫をつけようとします。
ノミダニの予防薬も、飲み薬だったりスポットだったりしますが
似たような感じととらえることができます。

と言うことは・・・
肝臓くんは必死で働いている上に、もういっちょ仕事が増やされるわけで・・・

良くないことはお分かりいただけるかなあ~~と。

では、解毒ってどういうこと??
二つあるらしい。
まずは毒を消す。これが肝臓がやっているお仕事。
もう一つは毒を出す。こっちは腎臓と腸。
うんpとして75%、ちっことして20%が排泄されるそうです。

ん??毒って何って思いますよね。
化学物質・・・例えば洗剤や殺虫剤や薬や添加物など。
そんなこと言ってたら今のご時世生きていけない・・・
だから、解毒が大切!!
解毒する肝臓が大切!!

肝臓の解毒ってどうしているか・・・

簡単に言うと、酵素を使って毒性の低いものに換えたり、有毒物をアミノ酸に包んだり。
包んでしまうと水に溶けやすくなるから排出しやすくなるらしい。
有害なものってほとんどが脂溶性ってことにびっくり。
これらの脂溶性のものを、水溶性に変換させている肝臓はすごい。
ココで変換しないと、腸も腎臓もうまく働かないってこと。
そして・・・わんこのごはん、脂肪高いはず。
ていうことは、自分の食事を分解して栄養にするほかにも
余分なお仕事があるってこと。
そりゃ、たいへん。休肝日でも作らねば・・・と思ってしまいました。

その解毒を一生懸命するときに、ただで終わるはずもなく・・・
働いたときに出るのが活性酸素。
活性酸素、ガンや老化に関わりがあると言われているものです。
白血球が働くとき必要なんだけど、多すぎると良くない。
アンチエイジングの天敵!!!
でも、活性酸素はドッグスポーツのときに一番発生してしまうそうです・・・
普段の生活の一〇倍から二〇倍・・・

楽しくわんこと生活していることがわんこの健康に結びついてないってことか???
ちょっとショックでした。
体内ではその活性酸素を中和する酵素が作られているようですが
なかなか謎が多いようで。。。この酵素をもっと増やすためには・・・
と言うことは解明されていないようです。
では、どうするか。
抗酸化物を食品として摂ればいいんです。
抗酸化物・・・例えばリコピンを含んだトマト。
でも、ナス科の植物ですから火を通してください。
講師の先生、缶詰のトマトを勧めてましたよ。
カロテンを多く含む緑黄色野菜。
スピルリナ。これ、私はまだ試していません。
ちょっとやってみようかな~~って思っているところです。
ビタミンCを多く含む柑橘類。
でも、与えすぎはよくありません。
体重比を考えてくださいね。
ご自分の食べる量と、わんこの食べる量一緒のはずないんですから。

もう一つの方法。
休肝日を作ること。
???どうするのか。
絶食です。
食べなければ、胃腸も休まり、肝臓も最低限のお仕事だけ。
丸一日抜けないなら、朝晩食べている子は朝抜くとか・・・
水分はあげてください。
真夏の熱中症対策のように塩分を少し入れるとかレモン水にするとか・・・
ぜいたくにとりがらスープでも、野菜ジュースでも。
試してみる価値はあるかもしれません。

うちのこはくさん、去年予防接種の直後でしたが
肝臓のALTが300近かったです。
お薬も療養食もしませんでしたが、今年は115です。
変えたのは食事時間の間隔を多くとるようにしたり
たまに絶食したり、食事の前に生野菜食べたり・・・
緩やかに正常値になってきていてうれしいです。
今、もうちょっとで正常値なので
サプリメント飲んでみようかと、
私と一緒にシリビンっての飲んでます。
効果が出たら報告します。

次は血液検査の話とちょっとだけ手作り食のお話。

スポンサーサイト
* Category : セミナー
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する