07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-08-02 (Fri)
お里の仕事をお手伝いさせていただき始めて
もうすぐ4年になります。

お里だけで80を超す子達が巣立っていきました。

そんな子達を預かり、巣立たせる預かり。
自分の子ではないのに、自分の子のように接する。

いつどこに誰のところへ巣立っていくのか。
今まではどんな生活をしていたのか分からない。。。
そんな不安の中、大げさではなく、愛情がなければできないことだと思っています。

私はこの仕事に転職して7年。
やっぱり、最初は素人。
でも、勉強は好きなので今も勉強し続けています。
競技会は、嫌いです。
大きな組織も苦手です。
今、ここにいる子を見つめることにしています。

どんな子にしたいですか?

必ず聞きます。

少し進んだら、
一緒に何ができるようになりたいですか??

~~しないようにしたいです。
って答えられる方が多いです。
そうですよね。
吠えないように・・・
飛ばないように・・・
ひっぱらないように・・・
噛まないように・・・
拾い食いしないように・・・

ってことは???って聞き返します。
黙ってお座りして待てるといいのかな・・・
目を合わせてゆっくり歩けるといいのかな

いくつもコマンドいりますね。
と笑います。

わんこに望んでいることを分かりやすく伝える。
望んだ通りにできたら誉める。

とってもシンプルなことだと思います。

何せ三歳児です。
練習すればお遊戯も折り紙も上手にできるお年頃です。
誉められればどこまででも上るお年頃です。
叱られる意味も分かるお年頃です。
第一反抗期が始まるお年頃でもありますよね。

初めてのことに、いいの??って聞いてきたらできあがりでしょうか?

自分の子にはこれができます。

最近の預かりっこたちは、頭が良くて、愛情を知らない子も多いです。
下宿先を自分の本当の家じゃないと認識している子も多いでしょう。
いろんな問題行動にどう対応したらいいのか、難しいこともあるんですよね。

例えば、ねねさん。
歯が無いから、目が見えないから、大事にはなってないですが
こんな、危ない奴はいません。
この子にこの先どんな生き方をさせたいか・・・
頑張って5年でしょう。
病気の再発があるかもしれません。
きっちりトレーニングを入れるか??
入れません。
目が見えているか、歯があるかどちらかだったら
トレーニングしたでしょう。
この子には、この先、そこそこの体で天寿をまっとうして欲しい。
といっても、待ては、できますよ。
お座りは、お尻をつつかないとできません。
耳も遠いかな・・・
伏せも前足をツンツンしないとできません。

でも、たぶん、ねねさんが嫁に行ったとしても
新しい保護者の方、ねねさんに、1声符でのお座りや伏せを望むでしょうか?
きっと、食べて飲んで寝て、
のんびり余生を暮らせばいいよって言ってくれるでしょう。

まとまらないぜ~~

う~~ん
どんな子にしたいの??
って考えるのがいいのかな。
この子はこの先、どんな生活が幸せなの??
かな。
方法は一つではないと思うし。

余計に預かりっ子は難しい。
未来は見えないから。
でも、生きているのは今。
お世話しているのも今の預かり。

前、一般家庭に出すなら私が預かったらマズイかなって思ったときも。
理由。
私が強いから。
たぶん、完全にリーダー・・・
ウチでは、何も問題なかった子も
行った先では、0から始まってしまうから。
別に恐怖政治をしているわけではないですよ。
正しいことは正しいと伝える。
間違っていることは間違っていると伝えているだけ。

私は私。
新しい家族が私のコピーになれるわけではないから。

最近は、わんこは
「学んだことは忘れないはず」
と自分に言い聞かせていますけどね。

あんまり好きな言葉ではないですが・・・

「頑張れ!!」
スポンサーサイト
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する