07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-04-15 (Mon)
今回のセミナーは難しい。
何がいいのか悪いのか・・・
何か全部悪い気がする・・・

まず、、、
「食物アレルギーを引き起こす最も一般的な原材料は最も頻繁に消費されるものである」
要するに同じものを食べさせ続ければ、それがアレルゲンになり得るってこと。
ドッグフードに用いられる穀類にいる貯蔵庫ダニもアレルギーの症状引き起こすものの一つ。
アトピーの子の94%が貯蔵庫ダニのアレルゲンに対する抗体を作っていたそう・・・。
ていうことは、、、穀類不使用のフードの方が断然安全??

「多様な食べ物は食べ物へのモチベーションを強化する」
人間の離乳食の時期と同じで、
いろいろなものを食べさせれば必要とされている栄養素を受け取ることが確実になる。
難しい。
必要な栄養素、手作り食は、食材の工夫が必要。
ではフードは??フードの形ができてから、
必要なビタミンやミネラルなどがスプレーされるそうです。
天然なものではなく、合成物。。。

体に良いはずのものを添加しているのに、
その添加物を作るために実は毒性のものを使っていることもあるそうで・・・
添加物のチェックがとても大切。
フードの裏の成分表をしっかり確認してください。

気になる話。
「ラム&ライス」
タウリンがもしかしたら欠乏しているかもしれません。
タウリン欠乏が怖いのは心臓の疾患を引き起こす可能性が高くなるから。
裏、見てくださいね。

ドライフードには水分がとても少ないです。
それが原因なのか、ドライフードを食べているわんこの
「鼓脹症(胃拡張捻転症候群)」がとても増えているそうです。
水分をしっかり採らせてくださいませ。
飲ませ過ぎは良くないですけどね・・・
ウチの子の適量は家族しか分かりませんから。

最後にカビ毒・・・
糖質に富むものに多く発生するそうです。
カビが元ですから・・・
適度な湿度がある状態での保存で発生率は高くなります。
まるで日本のような・・・
恐ろしい・・・

カビ毒は直接な死因にはならない。
でも、様々な疾患例えば肝臓癌、すい臓癌・・・
ある種は、ダイオキシンの10倍以上の毒性と言われているそうです。

怖い話ばかりでしたが、結局何が言いたいのか??
フードの選び方、与え方、保存の仕方。
見直すべきなのか、このままでいいのか。
あまり詳しく書きませんでしたが。。。
質問があればメールくださいませ。


スポンサーサイト
* Category : セミナー
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する