09≪ 2011/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2011-11-30 (Wed)
今日は、2時間もいただいてお話をさせていただきました。
貴重な体験をさせてもらえました。
ちらっと話した、ワン友さんの応援(サクラともいう)もあり
心強かったです。
でも、あんまり実は、緊張してませんでした。
きっと、この話ができるのは私くらいだし
今話さないといけない時期だと感じていたからだと思います。
お題は
「動物も家族。近所で楽しく仲間作り」
一人で飼うのではなく、誰にも認められるオーナーになりましょうって
言う落ちです。
動物を飼う目的は???とか
人畜共通病を知ってますか???とか
健康アップのためには何をしていますか???とか
コミュニティに受け入れられるためには何が必要ですか??とか
ペットとして飼われた動物はどうなると思いますか??とか

結構盛りだくさんのお話だったので
深くお話できないところもありましたが、
聞きに来てくださった方、皆さん、優しくて
うなずきながら聞いてくださってました。

休憩前のお話。
動物を飼ってらっしゃる方があまりいなくて
その方々への思いも込めて。
講演受け入れ


同じ犬です。と前置きして・・・
講演さんご

犬を好きな人、飼っている人、飼っていない人、
好きでない人まで、びっくりしてました。
こんなに変わるのかと・・・
どれほど、人が捨てると言うことがひどいのかを
感じてくださったみたいです。
調子に乗って私・・・
「知らないことは罪です」
なんてかっこいいこと言ってみたりして。

講演望み

共に暮らすことができるのなら、
最低限のオーナーとしての責任を。
周りの方は、是非、受け入れる余裕を。

共に楽しむことができるなら
共にチャレンジする連帯感と信頼関係を。
周りの方は、こんなこともできるんだと可能性を見守ることを。

共に生きることができるなら
最後まで家族としての生活を。
周りの方は、その責任が果たされるか見届けることを。

とお話しし、最後の「共に・・・」は、
皆さんでお決めになってください。
動物は決めることができません。
人は、決めることができるんですから・・・
て感じで・・・。

もちろん、ジャックの里のお話もしっかりしました。

次を迎えるなら成犬をと
言ってくださる方みえました。
こういう話を知っていたのなら
ペットショップに行かず
たくさんのワンちゃん助けられたのにとか。
何歳からでもしつけとか大丈夫なのか???と
心配されていましたので、
大丈夫です。赤ちゃんがおむつを卒業するときの
苦労とか、九九を苦しんで覚えるときとかくらいです。って。
子供と一緒なんだなあと。
ご褒美はどうやればいいのか??とか
散歩がへたくそで・・・って言う質問ももちろん受けました。
「ほ~か、じゃあ、やってみるわ~~~」
今日の方々、私の仲間の初めの一歩だと思います。
何か困ったことがあれば、いつでも
私の話を最後まで聞いてくださって本当にありがたかったです。

地道な活動をこれからもしていこうと思っています。

mixiに書いたことを少し短くしました。

最後に、グループトレーニングについて。
今も変わらぬワンコインでやらせていただいていますが・・・
その20%が、ドックラン運営費に使われています。
残りは、トレーナー報酬としていただいています。
去年は、道具を提供してくださる方がいらっしゃったので
その方へ、道具の材料費や手間賃として全体の40%お渡ししていました。
安すぎるんじゃyないですか??と心配くださる方がみえて・・・
うれしい限りです。
でも、いいんですよ。
今日話したように、似た考えの仲間が集うコトって大切なんです。
よいコミュニティーは、ワンも人も成長しますから。


スポンサーサイト
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |