02≪ 2017/03 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-05-29 (Fri)
私の住んでいる同じ市内での出来事。

全国ニュースになってましたが・・・

ドーベルマンのこと。
絶対に犬は悪くないと思いました。

自分の年齢を考えてわんこは飼うべきだと

迷惑をかけないように飼うべきだと

そして今朝の特ダネで・・・
おぐらさんは、飼い主の責任であって
わんこの責任ではないと言ってました。

きちんとしつけやトレーニングはすべきだけれど

でも、東海テレビの福しまアナは
センターに収容されているドベの元まで取材に行き
警戒して吠えるようにドベを刺激しているように見えました。
挙句の果てに、
住宅街でこんな犬を飼っていいのでしょうか的な発言も・・・

このアナウンサー、
セシウムの時の朝の情報番組の
メインの方。
いつも、偏った報道をするアナウンサーです。

最近、やっと夕方のニュース枠に復帰したな~~と思っていましたが
なんだか、いつもは
はいはい、また、そう言うんだ~~
とチャンネル変えてましたが
今回は、腹が立って・・・

私情を交えず
事実だけ報道するようにしてほしいと
ブリーダーだった飼い主について
もっと調べて、この機会に
ペッと業界の闇を攻撃するとかしてくれたら
応援するのに・・・

そんなこと考えながら。。。
日向ぼっこするこはくさんを見ていて・・・
目、ちっちゃー
IMG_5293.jpg
おやつで釣ったのバレバレやん・・・
IMG_5301_20150529232028498.jpg
お疲れ???
目の大きさ、笑えます。
IMG_5303_2015052923202958a.jpg
で、iPhoneの待ち受け変えてみました。
IMG_5310.png
IMG_5311.png
かわゆすね~~
スポンサーサイト
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-09-14 (Sun)
家でのハウスをどんなふうに選んでますか?

今回、黒白さんたちのハウスを引っ越しで新しくしました。
扉の取り外しのしやすさと
ロスのない形と
色に重きを置いて選びました。

前のは、バリケンネルのでかいのをるりさんは使っていました。
丈夫なんですが、扉の取り外しがめんどくさいのが難点でした。
頑丈さを売りにしているので、
ねじで上下を止めます。
その止める部分が異様に幅が広く、外寸と内寸の差が10センチ以上ありました。

今回、Rからj始まる会社のベージュのものにしたんですが・・・
ロスなく作ってあるので、内寸と外寸の差もさほどなく、広く感じます。
扉も本当に軽く、すごく楽に取り外しができます。
しかし。。。
値段の割に、本体部分が薄くやぐい。
扉の開閉部分が簡単に外れてしまう。
良いことと悪いことは表裏一体なんですね。

先日のブログでご紹介しましたが、
たぶん、大型犬が本気になれば、ものの数分で分解できてしまうと思います。
まぁ、破壊しないようにしつけるのが私の役目なので・・・
Rの会社に一応電話をして、ドアをもう一度買いなおしたいと。。。
すると、
送料だけで新品をお送りしますと。
その時は、なんて親切なんでしょうと思ってましたが・・・

思い出してみれば。。。
お知り合いのわんこのキャリー、目の前で扉が壊れました。
それが、R社のものでした。

もう一つ、雷でガタガタやった子もドアが壊れたようです。
これも、確か、R社。
ドアに難ありかと。

こんなクレームみたいな連絡が何件もあるのかもしれないと
変な詮索をしてしまいました。

企業攻撃は好みではありませんが
たぶん、ちょっとした負荷で壊れると思われます。
ハウスや、キャリーを選ぶとき、何を基準にして選ぶのかを明確にしないと危険だと思いました。

そんなことを考えながらぼ~っとしていると
わんこさんたちもそんな気分になるらしく・・・
IMG_9334.jpg
朝っぱらから大あくび・・・
もじゃこさんは、暑くなったらしくいなくなりましたが・・・
IMG_9340.jpg
気持ちよさそうですこと。

持って歩くのか、車に乗せるのか
家に置いておくのか・・・
ハウス選び考えてみてください。
今度の取り扱い業の講演は、
災害時のペットについてだそうです。
楽しみです。
きっと、ハウスのことも話に出ると思います。
また、お伝えしますね。
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-05-24 (Sat)
迷いましたが、書きます。

今日の朝早く、友人のワンコが虹へ昇って行きました。
相当な順番抜かしでした。
まだ、6歳。
これからの年齢でした。

彼女と家族が闘っていたのは、
原因不明の病気です。
治療方法も確立されていませんでした。
それでも、彼女も家族も笑顔で闘っていました。
本当は苦しくて苦しくて泣いていたと思いますが
いつも、笑っていました。

自分の無力さをとても悔しいと思いました。
医者でないことを、知識のないことを、技術のないことを悲しいと思いました。

我が子をしっかり見つめ、注意深く見守っていても
勝てない病気があることを知りました。

笑顔がかわいい、チャーミングな子でした。
幸せだったと思います。

もう一度会いたいよ。
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-03-02 (Sun)
先日、友人のワンコが亡くなりました。
15歳と1ヶ月。
本当に大往生でした。

ワンコは、去年の8月から心臓にできた腫瘍と闘っていました。
家族もみんなで闘っていました。
一般的には、2ヶ月ほどで亡くなることが多い病気。
この子は、家族の支えがあって6ヶ月も頑張りました。

この6ヶ月が、この子の家族への愛だったように思えます。
もうすぐいなくなるかもしれない準備をしてねと言っていたように思えます。

だんだん食べること、飲むことがつらくなったときにどうしたら良いか
この子の保護者は一生懸命学びました。
だから、最後の最後まで自分で歩き、家族のいる居間でぐっすり眠っていたそうです。

幸せって、人によって、感じ方によって違うと思いますが
間違いなく、この子も、家族も幸せだったと思います。

本当によく頑張りました。

IMG_7937.jpg
私は、この子の保護者にこんなことしかできませんが、
後ろ姿をアップリケしました。

腎臓の値が悪くなっていくのと同じようにどんどん悪くなっていったようでした。
腎臓って大切だとあらためて思いました。
ねねさん、そういえば、腎臓の値良くない・・・
貧血も・・・
先日の勉強会で・・・
エリスロポエチンという腎臓のホルモンが減少すると
赤血球が減少し貧血になる
と学習してきました。
増血剤を与えても、老化から来る腎機能の低下が原因なら良くなりません。
と言うことで、先日からエリスロポエチンがしっかり入っていると言われている
山羊ミルク様のお世話になっています。
水曜日くらいに検査に行こうかと思っています。
そのときに少しでも改善が見られればうれしいなと思っています。
歯も抜きますよ。

IMG_7938.jpg
モヒカンめちこ
* Category : まじめ
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

No title * by 華&あず
出来る限りの手を尽くした飼い主さんと
それに応えたワンちゃん。
飼い主さんの
ワンちゃんを亡くした悲しみと喪失感はぬぐえないでしょうが
悔いが残ることはないでしょうね。

Re: No title * by こはく姐さん
華&あずさま

そうですね。
こんなお別れができるように頑張らなくちゃ。

個別記事の管理2013-08-02 (Fri)
お里の仕事をお手伝いさせていただき始めて
もうすぐ4年になります。

お里だけで80を超す子達が巣立っていきました。

そんな子達を預かり、巣立たせる預かり。
自分の子ではないのに、自分の子のように接する。

いつどこに誰のところへ巣立っていくのか。
今まではどんな生活をしていたのか分からない。。。
そんな不安の中、大げさではなく、愛情がなければできないことだと思っています。

私はこの仕事に転職して7年。
やっぱり、最初は素人。
でも、勉強は好きなので今も勉強し続けています。
競技会は、嫌いです。
大きな組織も苦手です。
今、ここにいる子を見つめることにしています。

どんな子にしたいですか?

必ず聞きます。

少し進んだら、
一緒に何ができるようになりたいですか??

~~しないようにしたいです。
って答えられる方が多いです。
そうですよね。
吠えないように・・・
飛ばないように・・・
ひっぱらないように・・・
噛まないように・・・
拾い食いしないように・・・

ってことは???って聞き返します。
黙ってお座りして待てるといいのかな・・・
目を合わせてゆっくり歩けるといいのかな

いくつもコマンドいりますね。
と笑います。

わんこに望んでいることを分かりやすく伝える。
望んだ通りにできたら誉める。

とってもシンプルなことだと思います。

何せ三歳児です。
練習すればお遊戯も折り紙も上手にできるお年頃です。
誉められればどこまででも上るお年頃です。
叱られる意味も分かるお年頃です。
第一反抗期が始まるお年頃でもありますよね。

初めてのことに、いいの??って聞いてきたらできあがりでしょうか?

自分の子にはこれができます。

最近の預かりっこたちは、頭が良くて、愛情を知らない子も多いです。
下宿先を自分の本当の家じゃないと認識している子も多いでしょう。
いろんな問題行動にどう対応したらいいのか、難しいこともあるんですよね。

例えば、ねねさん。
歯が無いから、目が見えないから、大事にはなってないですが
こんな、危ない奴はいません。
この子にこの先どんな生き方をさせたいか・・・
頑張って5年でしょう。
病気の再発があるかもしれません。
きっちりトレーニングを入れるか??
入れません。
目が見えているか、歯があるかどちらかだったら
トレーニングしたでしょう。
この子には、この先、そこそこの体で天寿をまっとうして欲しい。
といっても、待ては、できますよ。
お座りは、お尻をつつかないとできません。
耳も遠いかな・・・
伏せも前足をツンツンしないとできません。

でも、たぶん、ねねさんが嫁に行ったとしても
新しい保護者の方、ねねさんに、1声符でのお座りや伏せを望むでしょうか?
きっと、食べて飲んで寝て、
のんびり余生を暮らせばいいよって言ってくれるでしょう。

まとまらないぜ~~

う~~ん
どんな子にしたいの??
って考えるのがいいのかな。
この子はこの先、どんな生活が幸せなの??
かな。
方法は一つではないと思うし。

余計に預かりっ子は難しい。
未来は見えないから。
でも、生きているのは今。
お世話しているのも今の預かり。

前、一般家庭に出すなら私が預かったらマズイかなって思ったときも。
理由。
私が強いから。
たぶん、完全にリーダー・・・
ウチでは、何も問題なかった子も
行った先では、0から始まってしまうから。
別に恐怖政治をしているわけではないですよ。
正しいことは正しいと伝える。
間違っていることは間違っていると伝えているだけ。

私は私。
新しい家族が私のコピーになれるわけではないから。

最近は、わんこは
「学んだことは忘れないはず」
と自分に言い聞かせていますけどね。

あんまり好きな言葉ではないですが・・・

「頑張れ!!」
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |