07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-06-29 (Thu)
どうしてかな~~
すぐ、かじるんだよね~

めちこも、ジャックだったのを認識したのは先月のこと。

ふれあいに行くのに
暑かろうと、保冷剤をタオルに包んでクレートに。
まぁ、姐さんはペットボトルも壊すし、なんでも破るので
彼女には入れませんでしたが
めちこは、今まで大丈夫だったので・・・
そしたら、
帰りに保冷材の袋が破れていることを見つけ・・・
病院に走りましたとも・・・

吸収ポリマーのカチカチに凍る方だったので
事なきを得ましたが
柔らかいままの保冷材だったら死んでたかもです。

なので、もう、こ奴らには、保冷材は入れず、
外から凍ったペットボトルで冷やすことに決定!!!

アカラスさんごも、予定通り2か月で、治ったし。。。
今のところウチの連中はオッケー。

で本題。
日曜にワン友さんから
膵炎で入院になりました。
と連絡が。
大丈夫。
治るよ。
翌日、
膵炎を示していたであろうリパーゼの値は正常値になったんですが
バリウムを流したら、変な感じで小腸と大腸が写ったようで
開腹することになりました。
と。
え~~~~~~~~~~
とっても大事に飼ってくださっているご家族なので
さぞ、テンパっているだろうと、手術に立ち会うべく走りました。
これが月曜の夜。

大腸にはお水が溜まっていました。
水風船のようにパンパンで
美しい色をしていました。
小腸も同じ感じ。
悪くないな~~
胃をもう一度・・・
何か固い気がする・・・
院長先生の神の手が・・・
切ると治りが悪くなるから切りたくない・・・
んじゃ、内視鏡!!!!
開腹したお腹をきれいに閉じてもらって・・・
さっきのパンパンが、おしりからお出ましに・・・
パンパンだったのは、大腸の動きが悪かったから。
刺激したもんね。。。
そりゃ、出るわ。
出た物をペットシーツの上から触った院長先生が
有った!!!
と洗って見せてくれたのがこれ。
ILLA7344.jpg
ペットボトルのふたのきれっぱし。
で、内視鏡を入れて見たら
食道には切り傷が・・・
ギザギザだもんね・・・
傷つくよね~~
その先に進んで胃の中頃まで進むと・・・
何やら、ウツボのような、ウミウシのようなものが見え・・・
そんなもんいるわけないんですが
何か長いもの。
よ~~く見るとぴろろんと繊維が見えて。
でも、何かわからず。
デカい。
でも、もうお腹閉めちゃった。
内視鏡下で出すしかない。
ゆっくりゆっくり引っ張り出しました。
それがこれ。
IMG_4697.jpg
ショート丈のストッキング。
DZRG1190.jpg
きれいに洗って、リビングのみんなが見れるところに戒めとして
飾っておきなさいと言いました。
何を思ってどんなタイミングで食べたのかはわかりません。
ただただ、気持ち悪くて、何度ももどし、
家族と離れ、入院点滴・・・
手術して痛くて辛くて・・・
二度とこんな思いをわんこにさせないようにすべきです。
家族も、こんなつらい思いはなかったと思います。
生きた心地がしなかったと思います。
WJKY8518.jpg
生活環境を見直してくださいね。
わんこにダメと言わなくてもいいように工夫してください。
今日無事退院してきました。
良かったです。
よく見てくださいね。
100はないんですから、信用しすぎないようにしてください。
もう!!
で終わればありがたいです。
笑い話で済めば儲けもんです。
相談には乗りますからね。
スポンサーサイト
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-05-08 (Mon)
友人のわんこが手術しました。
原因は、誤食。
IMG_3718_20170508214604348.jpg
小腸に詰まっていたのはこれでした。
直径3センチ弱くらいの、たぶんつぶれたペットボトルのふた。。。。。
7キロ級のジャックの小腸の太さは成人男性の親指より細いくらい。
腸閉塞を起こしていました。
本格的に苦しむ3日くらい前から、
ん????
という感じでもどすことがあったそうです。
のどにつっかえてなくてよかった
のどに詰まってたら、窒息死・・・
病院へ行かなきゃと思った朝は、
ご飯はいらない
何度も何度ももどす
水を飲みたがる
飲んでも水しかもどさない・・・
腸閉塞??
と思われたけれどエコーには異物はうつらず様子見に。
胃はぱんぱんでした。
でも病院から帰ってきてからの寝方がおかしい。
全身ピンピンに伸ばす感じで、震えが止まらない・・・
夜もう一度病院へ。
お腹の異物が外から触れたので腸閉塞と断定。
でも、自然に出るかもしれないということで1日入院して様子見。
うんこになって出てくることはなく、開腹手術。
もう安心、、、、
1日絶飲絶食。
2日目お水だけ。
3日目流動食
ここで異変が・・・
流動食をまたもどす・・・・・・・・・・・
え~~~~~~~
まだ何かあるの?

そういえば、
最初の受診のとき
エコーで胃の中はいっぱいだったと。
受診前、水を飲んでも水しかもどさなかったと。

病院に言ってなかった事実・・・・

お腹の中には何かがいっぱい入っていたんです。
流れていけない、もどすこともできない何かが・・・・
そしてもう一度回復手術。
IMG_3717.jpg
それが、これでした。
成人男性の握りこぶし大の量です。
見た感じ、アクリルの毛布
綿のようなもの、枝・・・その他
気持ち悪くていっぱい食べてしまったのか
その前から胃の中にあったのかは不明です。
拾い食いする子はお散歩の仕方気を付けてください。
人のペースで歩くことができれば事故は起きません。
それから、いたずらで、破壊工作員になってしまう
姐さんのような子も気を付けてください。
綿、、、、クッション、毛布、タオル、洋服、首輪、リード
どれでも、壊そうと思えば壊せます。
姐さんは、ほんの数秒でぶっ壊します。
なので、留守番の時は裸族、クッションなし、クレートインです。
これを徹底するようになってから
被害はほとんどなくなりました。
あ、壊すこと、破くことはほとんどなくなりましたと言うべきか・・・
痛い思いをしたわんこ、痛い思い苦しい思いをさせてしまった飼い主
どちらもつらいです。
お財布にも辛いです・・・

何かやばいものを食べたかもと思ったら、
4時間以内に病院へ。
まだ胃にいるはずなので、処置しやすいと思います。
薬でもどさせるか
内視鏡で取れるはず。
何度ももどすときは、やっぱり病院へ。
できれば、動画を撮って。
その前の行動を細かくメモを取って。
どうか、よく見て、苦しい思いをさせないようにしてやってください。

ゴールデンウィーク後半はこれを縫ってました。
IMG_3693.jpg
そろそろファンショップに並ぶと思います。
IMG_3620_201705082146068dc.jpg
4月1日に狂犬病の予防接種をしたのに
なかなか保健所に行けず・・・
やっと行ってシールもらってきました。
なので、鑑札カバーを新しくしました。
IMG_3614_201705082146082d8.jpg
ひすいのは・・・いたずらしないので5年ぶり?に新調。。。
こはくとさんごは、年に2回は新しくしてるけど・・・・
あははは~~

そして、2年。
じぇが先日、尻尾を振るときに回しました。
まるでるりのようでした。
その日からベランダに出ることができるようになりました。
それまではどうしてもダメでした。
るりさんが最後の日まで日向ぼっこしていたベランダ。
何があるわけでもなかったのに・・・
で、今年の寒さで金のなる木たちが
枯れてしまったと思っていたんですが
なんと強い子たちでしょう
生きていました。
なので、植え替えをしてもっと元気になってもらうことにしました。
5年くらいで立派に戻るかな~~
IMG_3655_201705082146093cc.jpg
憑き物が落ちたような感じで、玄関先も少し改良。
レンガを2段新たに積んで花壇に。
土を触るのが本当に久しぶり・・・・
で、かぶれた・・・
IMG_3656.jpg
で、母の日何にしようかなと思っていた私。
んじゃこれ!!!
と母に多肉の寄せ植えをご購入。
私もおそろいの多肉ちゃん。
IMG_3658.jpg
部屋に置くので、いたずらされるとダメなので
一応、紹介させていただきました。
仲良くしてくださいね~~
食おうとしなかったのでオッケー。
IMG_3664.jpg
緑を見ているとなぜか欲しくなる。
この子たち、枯れ気味がちょうどいいから。
で、追加。
IMG_3670.jpg
ぷくぷくしていてかわいい。
本も購入して、金のなる木も増やしてみようと。
そんなこともしていたゴールデンウィーク。
めちこさんと仕事の合間にディスク。
IMG_3691_201705082146170af.jpg
ドロドロすぎる・・・
姐さんたちは今日。
IMG_3704.jpg
君は赤ずきんに出れるくらいのベロだよ・・・
IMG_3714.jpg
僕もだね~~ベロ出過ぎ・・・・
IMG_3716.jpg
キャッチ率が50%超えてきた方たちの動画。

あ、私の投げ方が50%くらいの確率で上手くなったってことか・・・・
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-05-29 (Fri)
私の住んでいる同じ市内での出来事。

全国ニュースになってましたが・・・

ドーベルマンのこと。
絶対に犬は悪くないと思いました。

自分の年齢を考えてわんこは飼うべきだと

迷惑をかけないように飼うべきだと

そして今朝の特ダネで・・・
おぐらさんは、飼い主の責任であって
わんこの責任ではないと言ってました。

きちんとしつけやトレーニングはすべきだけれど

でも、東海テレビの福しまアナは
センターに収容されているドベの元まで取材に行き
警戒して吠えるようにドベを刺激しているように見えました。
挙句の果てに、
住宅街でこんな犬を飼っていいのでしょうか的な発言も・・・

このアナウンサー、
セシウムの時の朝の情報番組の
メインの方。
いつも、偏った報道をするアナウンサーです。

最近、やっと夕方のニュース枠に復帰したな~~と思っていましたが
なんだか、いつもは
はいはい、また、そう言うんだ~~
とチャンネル変えてましたが
今回は、腹が立って・・・

私情を交えず
事実だけ報道するようにしてほしいと
ブリーダーだった飼い主について
もっと調べて、この機会に
ペッと業界の闇を攻撃するとかしてくれたら
応援するのに・・・

そんなこと考えながら。。。
日向ぼっこするこはくさんを見ていて・・・
目、ちっちゃー
IMG_5293.jpg
おやつで釣ったのバレバレやん・・・
IMG_5301_20150529232028498.jpg
お疲れ???
目の大きさ、笑えます。
IMG_5303_2015052923202958a.jpg
で、iPhoneの待ち受け変えてみました。
IMG_5310.png
IMG_5311.png
かわゆすね~~
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-09-14 (Sun)
家でのハウスをどんなふうに選んでますか?

今回、黒白さんたちのハウスを引っ越しで新しくしました。
扉の取り外しのしやすさと
ロスのない形と
色に重きを置いて選びました。

前のは、バリケンネルのでかいのをるりさんは使っていました。
丈夫なんですが、扉の取り外しがめんどくさいのが難点でした。
頑丈さを売りにしているので、
ねじで上下を止めます。
その止める部分が異様に幅が広く、外寸と内寸の差が10センチ以上ありました。

今回、Rからj始まる会社のベージュのものにしたんですが・・・
ロスなく作ってあるので、内寸と外寸の差もさほどなく、広く感じます。
扉も本当に軽く、すごく楽に取り外しができます。
しかし。。。
値段の割に、本体部分が薄くやぐい。
扉の開閉部分が簡単に外れてしまう。
良いことと悪いことは表裏一体なんですね。

先日のブログでご紹介しましたが、
たぶん、大型犬が本気になれば、ものの数分で分解できてしまうと思います。
まぁ、破壊しないようにしつけるのが私の役目なので・・・
Rの会社に一応電話をして、ドアをもう一度買いなおしたいと。。。
すると、
送料だけで新品をお送りしますと。
その時は、なんて親切なんでしょうと思ってましたが・・・

思い出してみれば。。。
お知り合いのわんこのキャリー、目の前で扉が壊れました。
それが、R社のものでした。

もう一つ、雷でガタガタやった子もドアが壊れたようです。
これも、確か、R社。
ドアに難ありかと。

こんなクレームみたいな連絡が何件もあるのかもしれないと
変な詮索をしてしまいました。

企業攻撃は好みではありませんが
たぶん、ちょっとした負荷で壊れると思われます。
ハウスや、キャリーを選ぶとき、何を基準にして選ぶのかを明確にしないと危険だと思いました。

そんなことを考えながらぼ~っとしていると
わんこさんたちもそんな気分になるらしく・・・
IMG_9334.jpg
朝っぱらから大あくび・・・
もじゃこさんは、暑くなったらしくいなくなりましたが・・・
IMG_9340.jpg
気持ちよさそうですこと。

持って歩くのか、車に乗せるのか
家に置いておくのか・・・
ハウス選び考えてみてください。
今度の取り扱い業の講演は、
災害時のペットについてだそうです。
楽しみです。
きっと、ハウスのことも話に出ると思います。
また、お伝えしますね。
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-05-24 (Sat)
迷いましたが、書きます。

今日の朝早く、友人のワンコが虹へ昇って行きました。
相当な順番抜かしでした。
まだ、6歳。
これからの年齢でした。

彼女と家族が闘っていたのは、
原因不明の病気です。
治療方法も確立されていませんでした。
それでも、彼女も家族も笑顔で闘っていました。
本当は苦しくて苦しくて泣いていたと思いますが
いつも、笑っていました。

自分の無力さをとても悔しいと思いました。
医者でないことを、知識のないことを、技術のないことを悲しいと思いました。

我が子をしっかり見つめ、注意深く見守っていても
勝てない病気があることを知りました。

笑顔がかわいい、チャーミングな子でした。
幸せだったと思います。

もう一度会いたいよ。
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |