03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-07-09 (Thu)
本日のお疲れ様体操???
タッチタップ。

いわゆるお手お代わりですが、
人が楽するために、足にしてください。

ひすいさん、でかいので、お膝にしてください。

タッチタップさせるところへ
カスタネットとか、太鼓、タンバリンなんかを用意すると
音楽が一緒に演奏できるかもです!!
一ひねり~~~~~
で、お疲れパンダ。
やっぱり、手は変なほうへ曲げる・・・
こはくさんほどではないけれど・・・
IMG_5794.jpg
晴れ間に、カレンダー用の撮影を。
IMG_5811.jpg
やる気になってない方々・・・
IMG_5813.jpg
ママだけやる気だよね~~~~的な文句が聞こえてきそうです・・・
IMG_5814.jpg
お疲れで・・・
IMG_5815.jpg
首がもげる・・・
IMG_5816.jpg

そして、免疫の話
ワクチンの話をしてきました。
ワクチンを打つと免疫ができるので
病気にかかりにくくなったり、かからなかったりするのです。
その免疫はどこにできるのかと言えば。。。
血液にワクチン打ちましたよと記憶が残ります。
では、本当に病気になった時にはどこに免疫ができるのでしょうか?
例えば、パルボにかかれば、腸の粘膜で免疫ができます。
パラインフルエンザやケンネルコッフなら、のどの粘膜に免疫ができます
これを局所免疫というそうです。
もちろん、血液中にも免疫ありますよと記憶が残ります。
抗体価を調べるときにはこの血液中の免疫の記憶を探るんです。
ウイルスがくっついて病気を起こすところにちゃんと免疫ができていれば
病気にかかりにくいのは当たり前ですよね。
血液中にしか免疫の記憶がないワクチンでは
必要な場所での免疫はできません。
なので、反応が遅かったり、軽くかかってしまったり・・・

人間と一緒です。

病気予防のためにどうするか。

健康な体。とても大切です。

明日は、腎臓かな・・・
スポンサーサイト
* Category : 仕事とお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-07-08 (Wed)
今日は、体力使い果たし作戦・・・
腕立て。
ひすいさん・・・遅い・・・

こはくさん・・・ぼちぼち・・・

まぁ、座れと伏せを交互にやるだけなんですけどね・・・
10秒で5往復、10回できればいいのかな?
ひすいさんできてないげ~~~~
親とわんこの知恵比べです。
声なしでやってみたり、誘導なしでやってみたり、声だけでやってみたり・・・
いろいろ遊べると思います。

動画撮りで疲れたらしい姐さん・・・
IMG_5785.jpg
49日には1週間早いですがどうしても
るりさんに瑠璃色のお花をと思い・・・
購入、お教室いろいろ考えましたが、
自分でやってみました。
初、プリザーブドフラワー。
IMG_5788.jpg
青がメインのはなかなかなくて・・・
おまけに、私の好きなデルフィニウムは皆無に近く・・・・
IMG_5767.jpg
ワイヤーにテープを巻く作業なんていつぶり???
まぁ、見えないからいいや・・・
るりさんのお茶碗。
今日からは、小さいお茶碗でお茶とご飯ね。

で、ワクチンの話の続き。
まず、最近の混合ワクチンの中身。
犬ジステンバー
犬パルボ
アデノ
ケンネルコッフ
犬コロナ
レプトスピラ

ジステンバーはぱぴーのころにかかってしまうと
命にかかわる可能性がある病気です。
成犬では発熱食欲不振程度ですむようです。
初乳に抗体が含まれているはずなので
初乳を飲んでいるぱぴーは
3か月前後のワクチン接種を。
接種後1日で免疫ができるようですが、
生ワクチンなので、軽くジステンバーにかかっている様態です。
なので、体調変化には十分に気を付けてあげたいですね。
接種後10日くらいをめどに。

パルボも怖い病気です。
生後4週目くらいまでに感染してしまうと
パルボは、心筋で増殖。
生後8週くらいに感染すると
腸で増殖するそうです。
パルボウイルスの特徴として細胞が活発に発達しようとして増殖するところで
一緒になって増殖するらしい。
パルボウイルスは、生ワクチンの場合、接種後5日くらいには抗体ができるようです。
パルボの症状は、下痢、嘔吐が主です。
やはり、ぱぴーにとっては怖くて死に至る病気です。
何より、ウイルス自体お元気で、1年以上体外でも生き続けることができる。
煮沸と次亜塩素酸ナトリウム・・・
ぱぴーが下痢で死んじゃった・・・
また、次の子迎えたけどやっぱり死んじゃった・・・
なんて話、昔はよく聞きました。
きっとパルボだったんでしょう。
保健所やセンターでも流行することがあります。
パルボだけ打ってありますなんて話よく聞きますから。

アデノⅠ型・・・犬伝染性肝炎です。
これも怖いです
伝染性が強く半年くらいウイルスの排泄が続くようです。

ケンネルコッフ。。。これは呼吸器の病気です
咳をして、、、咳上げするほどの咳です。
抗生物質かなで、2週間くらいで良くなるようです。
ケンネルって言葉がついているように
1わんこ感染してしまうと
犬舎全体が感染してしまうというくらいの病気です。
アデノⅡ型とパラインフルエンザやマイコプラズマやボルデテラが原因となったいるようです。
今、ワクチンができているのはアデノⅡ型とパラインフルエンザだけ。
後の二つはまだワクチンはないそうです。

かかっても、発症しないような健康な体と免疫力を上げることが大切ですね~~

コロナ・・・これは軽い胃腸炎くらいなので最近はワクチンいらないんじゃない?
と言われているようでが、実際無くなってないようで・・・
製薬会社さま~~~って感じでしょうか?

レプトスピラ・・・先回も書きましたが、細菌が原因で
種類もたくさんで・・・最近では8種ではなく10種とか11種とか。
レプトのいろいろな種類に対応してますって売りのようです。
これだけ頑張っても、レプトの最近の種類が多すぎてカバーできてないようです
やっぱり、負けない体づくりが大切ですね。

接種を受けるとき、、、
先回は時間帯など書きましたが
基本健康体であること。
軽く感染させた状態・・・わざわざ病気にするんですから
体調悪い時にやったらえらいことになりますから・・・
心疾患、てんかんの子は打ってはいけないと思います。
それでも打ちましょうなんて言う病院は、変わるべきかと・・・
それから、老齢の子にもね・・・

過去にワクチンでアレルギーが出てしまった子は
接種の種類を少なくする・・・
レプトを抜いたものにするとか、
製薬会社を変えてみるとか、、、

旅行やトリミングの予定があるなら
最低でも1週間は間をあける。

お食事は免疫力が上がるものをしばらく与える。
解毒作用の高いものを与える。

妊娠中、授乳中、発情中の女の子にも接種はやめましょう。
ホルモンのバランスが崩れているのに・・・
生ワクチンは、おっぱいを通じてぱぴーに・・・
ぱぴーが感染してしまうかもです。

あと、抗体の出来具合ですが
暑いときにはできにくいらしい。
ですから、接種時期も考えないといけませんよね。

最後に狂犬病。
これは怖い病気です。
日本は清浄国です。
でも、恐ろしいことに、海を挟んだお隣の国には狂犬病あるんです。
海があるから大丈夫なんてことは昔はあったかもしれません。
でも、輸入に輸出、、、コンテナにネズミさんやイタチさんや
ハクビシンさんやアライグマさん???
狂犬病は哺乳類全部が感染する恐ろしい病気です。
一昨年には、清浄と言われていた台湾で野生のアナグマが狂犬病で死んでいたのが見つかりました。
どこから感染したのかはわかっていないようです。

で、どうすべきなのか???
ワクチンは打つべきでしょう。
でも、清浄国なので、毎年打つ必要はない気がします。
アメリカでは、3年に一度で良いのでは??という流れのようです。
アメリカは、清浄国ではないのにです。
行政を巻き込んで変えなければならないことですから
時間はかかると思います。
その行政が3年に一度に踏み切らない原因は
飼い主にもあるようです。
今でさえ、接種率は半分、多くて60パーセント。
ということは、登録せずに適当に飼っている方が40パーセントはいると言うこと。
60パーセントの方を必死に掌握する。
年に1回の接種でさえ、忘れている方がいるのだから
3年に1回にしたら・・・・
こんな不安があるようです。
飼い主力を上げ、常識も上げ、動物病院との連携をとり
こちらの要求を通すためには、
行政に協力することも大切です。
私が、センターのボランティアに参加しているのは
この思いもあるからです。
小さな一歩や小さな声や小さな思いやりが
大きく変えることができるときが来ます。
きっと。
* Category : 仕事とお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-07-06 (Mon)
こんな感じで5回回って・・・・お腹だし


雨の日の体力を減らす一つの方法としていかがでしょう。

私は3わんこそろってに挑戦ちう・・・
いつできるだろう???
1わんこずつならいけるんだけどな~~~

で、ワクチンのお話。
まず、子犬は小さい頃は母犬から免疫をもらっています。
母子免疫とか移行免疫とか言います。
割合は・・・
胎盤から10パーセント
初乳から90パーセント
生まれてすぐに母犬からもらうお乳がどれほど大切なのか
わかると思います。
最初にもらったこの抗体が高ければ何度ワクチンを打っても抗体はできません。
なので、最近は3回とか4回。
そんな恐ろしい・・・
ショップに並ぶのが早すぎるからでしょうね。
ショップでパルボ???みたいな怪しい子がいたら
蔓延しますから、、、
打っちゃうんでしょうね。
ちなみに去年預かったぱぴこたち
初回接種は50日目くらい、2回目接種は100日過ぎでした。
じゃあ、切れそうなころを狙ってワクチン打てば
ぱぴーにも親のお財布にも優しいのに・・・
と思うのは私だけかしら・・・
絶対ではないですが、
ぱぴーの移行抗体が切れるのは
生後50日から100日と言われているようです。
参考にしてくださいませ。
16週め(112日目)という説もありますから・・・
もうひとつ、抗体ができない子もいます。。。
パルボに関しては1000頭に1頭
ジステンバーに関しては5000頭に1頭。
病気にかからないようにと考えて打つワクチン。
でも、犬種によっては危険もあるようです。
例えば、キャバリアの子たちはパルボが入っているワクチンをしたら、
心疾患をおこしたり、血小板減少症になることもあるようです。
ぱぴーは、1~2週間で症状が出るようです。
なので、成犬でも4週間くらいは注意してあげてくださいね。

レプトスピラ・・・・・
とっても怖い病気で、これは細菌が媒介します。
ネズミなどのおしっこから・・・水辺でよく感染するらしいです。
川遊びに行くウチとしては、
毎年春の8種混合ワクチンは必須になっていますが
毎年ドキドキして接種しています。
レプトスピラは不活化ワクチンなので、ワクチン接種での感染の可能性はないです。
でも安全なので、免疫反応の効果を上げないと信用できないのか
アジュバンドと言うアルミニウムや水銀などを原料にしたものを使い
混合ワクチンに溶かし込みます。
このアジュバンドが曲者でアレルギー反応を起こす犯人と言われています。
おまけに、この不活化ワクチン免疫の持続期間が非常に短い。
狂犬病などは3年に1度でいいんじゃない?とも言われ始めているのに
これは、2~6か月しかもたないようで・・・
なので、ネズミさんたちがしっかり動き始める時期に
免疫を持たせるためには
冬に打っても意味がなく・・・
ネズミさんが住んでいないような地区の方々は
打つ必要がないカモで・・・
まぁ、拾い食いさせない、なめさせないを徹底できればいいんでしょうけどね。

レプトスピラだけ単体のワクチンとかできればいいのにと
思ってしまう。
抗体価を調べて、値が高ければそのワクチンは打つ必要がなくなるし・・・
そういう時は、知らない間に病気にかかっていたってことですけどね・・・
健康であれば、病気に感染しても症状が出なかったりすごく軽くて風邪かな?
で過ぎてしまったりもよくある話のようで。。。

アレルギーが出たことのある子は、一度抗体価を調べるといいかもしれません。
ワクチンを打ってなくても、
抗体価の記録を出すと大丈夫なところも増えているようです。
それだけ、アレルギー反応を起こしている子が増えたと言うことでもあるんでしょうね。

ワクチンのお話、次回も続きます。

ワクチン打ったら、肝臓頑張って解毒しようとします。
なので、抗酸化作用の高いものあげてくださいね。
それから、注射の時間は午前中。
30分は動物病院で待機。
アレルギーのような反応は、半日くらいしてから出るときもあります。
なので、午後診がある午前がベターですね。
* Category : 仕事とお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-07-05 (Sun)
やっぱり4わんこだと決まらない気がする・・・
IMG_5730.jpg
私の休みがわかるとずっと監視したい姐さん。
IMG_5733.jpg
でも、眠くて落ちた・・・

で、練習中のもの。
なかなかできなかったんですが、なんとなくそろった感じ。

よく見ると、
あ、見なくても、姐さんはひすいさんの倍やってます・・・
めちこも入れて練習して、12月には3わんこで
なんぞダンスしたいな~~

で、肝臓の続き。
肝臓の働きは500くらい確認されているそうです。
すごい器官。
体重の約3パーセントの大きさがあるそうです。
8月に栄養学の試験があるので
しばらく、お勉強のお付き合いくださいませ。
① 消化
肝臓で胆汁が作られ、その胆汁が胆のうに貯蔵されます。
胆のうから十二指腸へ胆汁が流れそこで脂肪の乳化をして
脂肪の吸収を助けるそうです。
肝臓が調子が悪くなると、胆汁の流れが悪くなり
脂肪の吸収が悪くなる。
なので、低脂肪のものを与える。
納得です。
十分に胆汁が流れるようになれば脂肪もうまく吸収できるようになるはず。
胆汁分泌を促進するものとして、
ダンデライオンルートとか・・・タウリン。
② 栄養素の貯蔵と調節
血液中のグルコース(ブドウ糖)が多くなると
グルコースをグリコーゲンに変換して肝臓や筋肉に蓄えるらしい。
逆にグルコースが足りなくなれば
肝臓や筋肉のグリコーゲンをグルコース(ブドウ糖)に変換してエネルギー源にするようです。
アミノ酸からタンパク質を合成したり、その逆もあるようです。
わかりやすいのは、断食。
あと、ガンになったら・・・
炭水化物などのでんぷんが入ってこない
もしくは、ガンに吸い取られてしまうと
最初は肝臓に蓄えられていたグリコーゲンを使うようです。
でも、肝臓に蓄えられているのはほんの数時間で使い切られて
筋肉に蓄えられているグリコーゲンに。
なので、やせる。
筋肉が落ちる。
③ 赤血球の分解作用
古くなった赤血球は脾臓で壊され
肝臓でヘモグロビンを壊して出てきたビリルビンや鉄分を作るそうです。
ビリルビンは胆汁の原料となり鉄分は新しく作られる赤血球の材料になるそうです。
肝臓が本当に働かなくなってくると血液中のビリルビンが多くなり
黄疸と言われる症状が出てくるそうです。
④ 血液成分の合成
アルブミン、グロブリン、フィブリノーゲン、ヘパリンなどを合成するようです。
⑤ 解毒
体に入ってきた有害物質が血液中に入り肝臓に到達します。
有害物質は大体が脂溶性らしく、
肝臓で水溶性に変換できるようです。
腎臓からおしっことして、胆汁と一緒にうんことして排泄される。
食べたタンパク質やアミノ酸を処理するときには
アンモニアが出てくるそうです。
肝臓は、そのアンモニアを毒性の低い尿素へ変換するんだそうです。
腎臓や肝臓がダメになってくると
アンモニア臭がし始めるのはこのためらしいです。

主な働きはこんな感じ。
これだけでもやっぱりすごいから
大切にしなくちゃ。
* Category : 仕事とお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-07-05 (Sun)
本日もお仕事でした。
よく待てができるようになりました。
で、整列に挑戦。
IMG_5707.jpg
まっすぐに、人のように並ぶのは難しいですね~~
距離感もあり、お部屋の広さもあるので
待てをかけている人のほうをみんな見ちゃうのよね~~
IMG_5713.jpg
誘導をして、お座りをさせ、待てをさせ、それをキープ。
IMG_5714.jpg
その間に、写真も撮らなくてはいけないから・・・
皆さん必死。
わんこも一生懸命で、なんともほほえましいです。
この後は、梅雨対策として
お散歩で発散できないときのトリックステップアップ編をしました。
例えば・・・
5回回転させ、目が回っちゃった~~~と言いながらお腹を出させてみる。
あ、わんこ、三半規管が強いので
5回や10回では目は回りませんよ~~~
うちでも、やってみました。
IMG_5717_20150704235440e14.jpg
このお二方は、お疲れになったようで・・・
へらへらしながらハウスで休憩だそうです。

で、肝臓のお話。
肝臓の血液検査の項目は
ALT(GPT),
ALP
AST(GOT)
をよく聞きますよね。
これは、肝臓の細胞が破壊されたときに血液中に流れ出た酵素です。
逸脱酵素って言うそうです。
特にALT(GPT)は肝臓だけに見つかる酵素だそうです。
でも、破壊と言っても、壊れていてもう動かないから出るわけではなく
頑張って働いて細胞を破棄しましったって時に出る酵素だそうです。
それも、個体によって出続ける時間も違うようです。
お肉ジャーキーを一切れ食べただけで
上がってしまう値でもあるようです。
なので、大切なのはいかに、肝臓を休めるか。
肝臓はいろいろな働きがあります。
解毒は最近よくTVにも取り上げられていますよね。
頑張って解毒してくれているんだから
それを助ける、早く、復活させるものを補ってあげることが大切です。
解毒するとき、大量の活性酸素を発生させているので
抗酸化作用の高いビタミンAやCやEを。
良質なタンパク質も。
具体的には
ニンジンやカボチャのすりおろしとか
ブロッコリーとか、ゴーヤとか柑橘系の果物。
リコピン豊富なスイカも良いようです。
はやりのえごま油とか魚油、スピルリナ。。。ミドリムシ・・・も。
サプリメント的には、
コエンザイムQ10とか・・・
あと最近の私のお気に入りの
甘草(リコリス)やダンデライオンルート(たんぽぽの根)
を煮出してあげたり・・・
肝臓は、再生できる器官です。
大切に使っていたわってあげたいですね。
次回も、もう少し肝臓のお話かな。
* Category : 仕事とお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |