09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-10-12 (Thu)
センターにふれあいに行ってきました。
IMG_2588.jpg
70人超えのお客様
IMG_6404.jpg
まぁ、慣れたもんで、そこそこの笑いを取りつつ
笑顔をいっぱいでパワーをもらいました。
IMG_6458.jpg
じぇ、デビュー・・・
IMG_6459.jpg
どうなることかと思いましたが、なんとか。
IMG_6460.jpg
大好きな方にはハイどうぞって。
IMG_6462.jpg
苦手なのッて方には、お顔を隠して尻尾を握ってもらいました。
秘密の言葉は・・・
尻尾握ると、宝くじあたるかもよ~
そうすると、
そうなの?
って皆さん嬉しそうに、尻尾を握り
身体もなでなで。
IMG_6463.jpg
じぇ・・・知らないおばあちゃまにマズル急につかまれましたが
ん????
って感じで反応せず。
良い子でした。

2週目も、ルンルンのめちこさん
2017101101.jpg
お客様の高さに合わせるため
私の足は、スクワット~~~
プルプル~~
2017101102.jpg
おまけに暑くてね~~
2017101103.jpg
センター職員と仲良くお話ちう。
センター頑張ってるんですよ。
猫も殺処分機は動かしてないんです。
でも、運ばれてくる重篤な子は助からない子が多いそう。
そんな子は、殺処分ではないのに
センターで亡くなると処分にカウントされるそう・・・
違うよね・・・
それを聞いて私はとっても悔しくなりました。
今、飼い主不明のわんこはほとんどいません。
だから、殺処分ゼロは達成できました。
でも、ネコさんは、飼い主さんが決まってない子たちがたくさんいます。
わんことニャンコの生き方、生態が違うからこの差が出てきてしまいます。
でも、センターは、幸せになれそうな子はちゃんと譲渡しています。
去年より9月末まででだいたい
センターが引き取ったニャンコさん100匹以上多いそうです。
でも、死んでしまった、助けられなかった子の数(もちろん処分機は動かしてません)は、
去年より100以上少なくなっているそうです。
2017101105.jpg
先日、交通事故でセンターでお手当てを受けたわんこさん、
2日間、しっかり治療してもらい
連休明けに飼い主さんのもとに帰りました。
逃がさないのが大切ですが、迷子首輪も大切ですが
首輪に名前と電話番号書くのも大切ですが、100はないのもしょうがないかなとも・・・
一生懸命探してくださって、帰ることができたあの子は幸せです。
私が質問したのは、
センターでの治療費はもらうの?
ってことでした。
無償だそうです。
ただただ、助けたい、飼い主の元に帰したいという気持ち。
無償の愛・・・本当に尊敬します。

20171011004.jpg
本日、お客様がご観覧
そのため急遽、姐さん投入。
IMG_6451.jpg
私は暑くてヘロヘロでしたが
頑張ってくれました。
ただ、私の手の調子は、やっぱりよくなく何度もボールを落としてしまいました。
IMG_6464.jpg
なので、ボールを改造。
ゴムを付けて、手首と指に引っ掛けるようにしました。
これで、11月の小学生向けの命の授業の時に
落とすことはなくなるはず!!

んで、この日、じぇ、ダンスデビューしました
IMG_6452_LI.jpg
本当にここで踊れたらどこでも行けるってところです。
まだまだ粗削りですが、集中が切れることはなく頑張ってくれました。
あとは、コントロールを私がうまくしてあげるだけ・・・・
これが難しいけど、練習あるのみ。
お客様に、姐さんの年齢を暴露し
人でいえばもうすぐ80歳!!
って言ったら、みなさん、大喜び。
80歳でもなんでもできる!!
に皆さん共感してくださって!!
IMG_6455_LI.jpg
そうそう、
斜め掛けリードを5頭引きできるように
Filigree
さんで作ってきました。
IMG_6448.jpg
赤でいい感じ。
スポンサーサイト
* Category : お仕事
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-09-26 (Tue)
9月18日に名古屋の動物愛護センターで
わんニャンふれあいデーが開催されました。
参加してきました。
ダンスをやり、ふれあいの仕方をお話しし、
ゆる~~く、皆さんになでなでしてもらいました。
IMG_5934_LI.jpg
ダンスで背中に乗せるのをやったので
皆さんのご希望も背中乗せ。
2017ふれあいでー2
喜んでいただけたようです。
2017フレあいでー
センターに手に負えない、やんちゃすぎ、もういらないと持ち込まれた
ミックス犬と踊りました。
IMG_5933.jpg
今は事業犬として活躍している彼女。
当初は、大変だったようです。
でも、諦めず職員の方が愛情をたっぷり注いで
トレーニングをしてくださいました。
普通にお座りと伏せと待てとお手お替りができる子でした。
あとは、私と楽しく遊びたいという気持ちだけで
1分30秒ダンスができました。
アイコンタクトを取り、私が次に何をしてほしいのか
一生懸命でした。
私も彼女に分かりやすく失敗させないように必死でした。
センターの職員の方々は、センターにいる犬猫に
同じように愛情を注ぎ、生活せていてくれます。
ほんとうに感謝しかありません。
なので、私は協力を惜しみません。

ここからが、私の懺悔タイムです・・・・・
写真いっぱいで・・・
この夏子供向けのイベントで踊りました。
IMG_5546_20170925223824004.jpg
ディスクの合間の笑顔です。
2017年、信じて疑ってませんでした。
IMG_4340.jpg
2016年、ディスクにまじめに取り組み始めました。
IMG_1395_20170925223714f03.jpg
ダンスが90パーセントのような気がするけど・・・
IMG_1392_LI.jpg
楽しくて、でも、姉さんの体力を感じた冬でした。
IMG_1389 (2)
よく笑いよく動く10歳
IMG_2703_20170925223719774.jpg
この時もまだ気づいてもいませんでした。
IMG_2513_201709252237173c1.jpg
うさぎさんのように寝るばば~~
2015年アジに興味を持った年でした。
IMG_1115 - コピー
ピンクが似合う姐さんです。
IMG_1007_20170925223708a75.jpg
全く気付いていません。
2014年
ボール命も変わらず、離したくないモード全開の姐さん。
IMG_2318_201709252237167cb.jpg
2013年
このころは、ねね様が下宿していたはず。
IMG_6275.jpg
変な寝方は、もっと前からだけど
この寝方は珍しい。
IMG_5793.jpg
横顔、、、凛々しい。
DSC04682_20170925223500883.jpg
みんなで日向ぼっこ。
DSC04507 (2)
シャンプー後。
私はヘロヘロ。
IMG_3039_20170925223503fac.jpg
ボールを取ってとお願いする姐さん。
この年は、誕生日だ何だは全部忘れていたな~~
健康が一番だと心から思った年でした。
IMG_3012_20170925223501c92.jpg
2012年。初めてオフ会なるものを主催したのがこの年だったような・・・
こはさん飛笑犬
こはくとさんごが一緒に走って。
うれしかったな~~
ホップ3
姐さんのジャンプ力のすごさ。
笑えるわ~~
私に抱っこされるまでの3枚。
飛んでるで~~
もうすぐ着ママ
このふぬけた顔。
レスキューを始めたころで必死過ぎて完全に忘れていたな~~
抱っこ~~1
2011年冬。ダンスは、QUEENで踊ったな~~
DSC04278.jpg
プロのカメラマンに撮ってもらったよね。
4頭いたのに30分かからずに。
お利口な子たち。
IMG_2543_20170925223251466.jpg
春もこんな衣装で踊っていたわ。
お誕生日だけしっかり覚えていた気がする。
ダンスこはく
2010年 ジョンレノンの曲でしっとり踊るつもりが
集中できず、集中させられず・・・土の上の難しさを思い知ったな~~
ピエロ
ジョイフルで踊ってたな~~
跳んではねて今ではもう踊れない・・・私が・・・
DSC00640.jpg
ふれあいは、このころから、大好きでした。
このころには完全にもう間違えていたと思う。
CIMG4659 (2)
2009年。
この時から in the mood様にお世話になってる。
姐さんの動きにぴったりな曲。
最初の集中が苦手な頃。
scan-001 (2)
初めて、ダンスの大会に出て緊張しまくって
姐さん、出だし逃げる・・・私お腹痛くてトイレばっかり行ってる~~~
な感じだったけど、トロフィーもらったんだよね~~

ひすが来て1週間目。
ひすの来た日は覚えているのにね~~
IMG_7855_20170925223255f86.jpg
2008年にパソコンが壊れて
データが飛んで写真も消えました・・・・
これが原因かな~~~
PICT1985.jpg
パソコンの中に写真は保存してはいけないと覚えたわ。
PICT1889.jpg
2007年と2006年の写真はほとんどない。
積水さんでモデルさせてもらったのも2008年。
_MG_0842 (2)
こんな風に撮ってもらってました。
CIMG3775.jpg
4時間かかると言われましたが
1時間かからず終了。
日当が自給になった美味しいお仕事でした。

2007年愛護センターでふれあいを始めたころの写真。
待てができるようになり、
私のパートナーはるりじゃなくこはく?
と思い始めたころ。
お仲間に小さなわんこがいなかったからよけいかな~~
CIMG1546.jpg
やっと伏せができるようになったころ。
1歳1か月・・・
この子は、おたんちんだと思ってた・・・・・(笑)
このときには 覚えていたはず・・・
IMG_7827_2017092522325349a.jpg
2006年9月
ウチの子になって1週間。
るりさんに、上からな態度な姐さん。
ジャックってこんなもんなの?
と思った日。
GRP_0159_20170925223250c5d.jpg
ウチに到着した日。
GRP_0158 (2) - コピー
陸送されてきてお腹緩くて、すぐに獣医さんに走って行ったのを覚えてる。
でも、日にちは完全に間違えていた。
10日も。。。
今日、ウチの子記念日だと10年間信じ続けていたのに
昨日、もしやと思い
前の獣医さんの書類を探し出し見て見たら・・・・・・
病院に駆け込んだ日は9月16日となっていた・・・・・
姐さん、ごめんよ。
来年から16日を心にとめるようにするから。

うちに来て満11年過ぎた姐さんのウチの子記念日を
勘違いしていた話でした・・・
長々すみません・・・・
* Category : うちのワンコとお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-09-14 (Thu)
なんだかんだと忙しく・・・・
9月になってしまいました。
この間に、母方の伯父のお葬式があり
父方の叔父のお葬式もあり・・・
去年免許を返納した父なので
喜んでアッシーになりました。
順番ですが、寂しいものです。

2017とだがわ3
その間に、子どもとのふれあい活動に行ったり、
川遊びに行ったり
障害者の施設にふれあい活動に行ったり
バランスボールのお勉強に行ったり
行動学のお勉強に行ったり
専門学校でドッグダンスの講師をしたり
いろいろ作ったり・・・
とにかく忙しかったです。
2017とだがわ1
この1か月半で思ったり感じたりしていたことを書こうと思います。
IMG_5546.jpg
この数枚の写真の姐さんは常に私を見て
私と共に何か(この時はダンスですが)
することが楽しくてしようがないのが見るだけでお分かりいただけると思います。
IMG_5548_20170914193207295.jpg
1歳3か月までは待てもろくにできない子でした。
玄関をすり抜けに脱走したこともありました。
でも、諦めず、この子の可能性を信じて
教え続けました。
姐さんは、私と共に行動することを望みました。
私のパートナーとして一緒に出歩くためには私の言うことを理解しなくてはいけないということを
急に思いついたようでした。
1歳3か月からの3か月で基本のことが完ぺきではありませんがそこそこできるようになりました。
2017とだがわ4
この写真は、センター職員と一緒にふれあいのおさわり犬をしているめちこです。
この子も、ここまでできるようになるとは思いませんでした。
人と同じで向き不向きはあると思います。
でも、親が望むことを、わんこは理解し、それに答えようと努力をします。
決して強制する必要はないし、罰もいりません。
恐怖政治は、反撃するチャンス、逃げ出すチャンス、クーデターを狙うものです。
根本解決にはなりません。
普通の子ならば、親の根性(諦めずしつこくすること)と笑顔で変化します。
2017とだがわ2
この写真は2歳くらいのお子ちゃまに
背中に乗せてほしい
とお願いされ、姐さんにがんばってもらいました。
これでいい?
と言っております。
IMG_5562.jpg
何が言いたいかというと
諦めては終わり
ということ。
自分の子を見極めることも必要
ということ。
基本は、強制する必要はない
ということ。
IMG_5713_20170914193210e94.jpg
でもね、わんこを守るのは親。
健康状態をきちんと見極めてください。
ワクチン等打つ時期、打つ時間は、勉強すればわかること。
狂犬病はまだしも、
レプトスピラが入っているワクチンの有効性とその期間と危険性。
IMG_5777.jpg
先日の行動学の勉強では
去勢をしていない子、遅くなった子は、どうも守る傾向が強くなるとも聞きました。
今年は雷が多く、音響シャイの子、雷シャイの子には厳しい夏だったかと思います。
何とか少しでも軽く、この自然現象をやり過ごせるよう親が勉強するのも
当たり前だと思ってます。
IMG_5839_20170914193219bf6.jpg
わんこは、話せません。
話せないからこそ、親が責任をもって察する必要があるんです。
わんこに関する選択は、間違えないでください。
IMG_5809.jpg
穏やかな子に育てたいのならば
穏やかな環境を作ってください。
人と一緒で、トラウマは残ります。
IMG_5842.jpg
でも、安心してください。
トラウマはなくすことはできませんが
薄くすることはできます。
ただただ、愛することが必要です。
いい悪いを教えることも必要です。
一番大切なのは、正しいことをしたときに
とびっきりの笑顔で認め褒めること。
IMG_5846.jpg
ウッザイおばちゃんが、忙しかった間に思っていたことを
チャラっと書きました。
IMG_5845.jpg
次回は、行動学のことを書きたいと思ってます。
IMG_5791_20170914193213a76.jpg
いつになるのやら・・・・・
IMG_5801.jpg
どうか、自分のわんことの目標を決め
楽しく過ごしてくださいませ。
せっかく家族になったんです。
動くぬいぐるみはやめてくださいね。
IMG_5825.jpg

* Category : 仕事とお勉強
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-07-29 (Sat)
暑いですが、お元気でしょうか?
大雨あちこちで大変だと思います。
心からお見舞い申し上げます。
IMG_5028.jpg
さて、暑いのでプール遊びを
IMG_4987.jpg
ブクブクするめちこ。
IMG_4992_201707291813147c9.jpg
しあわせだね~~
きみたちは。
この暑いのにあちこちのセンターでは収容犬が絶えません。
おまけに、収容されてどんどん容態が悪くなり
名古屋のセンターでは助けるための手術をしてくださったようです。
ほかのセンターでは、足を付けて歩けなかった子が
亡くなったそうです。
原因はどうも骨肉腫。
収容されてたぶん10日くらい。
わんこたちは、高額な治療を望んでは
いなかったと思います。
ただただ、最後まで家族として見送ってほしい
とは思っていたと思います。
裏切りですよね。
たった2週間で虹に行ってしまう子を
ほおりだすなんて・・・・・
まぁ、ウソをついたり黙っていればバレなければと
思うのが人間ですが・・・
こういう考えの方とはお友達になりたくないな~~
きちんとした方だと思っていたのに
無責任に依頼されていた仕事を簡単に反故にする人も信じられない。
選ばなければ・・・と思う今日この頃。
IMG_5006.jpg
熱中症にもやけどにも気を付けなくてはいけない季節です。
この方は、調子に乗ってプールの出入りをしながら
小1時間走り回ったので、肉球ぺろりんちょになりました。。。。。
めくれた皮を、はさみでチョキンして終了!!
IMG_5044.jpg
川遊びに行きたいな~と
準備していたら出てきたキャップ。
なんと、18年も前から私はジャックにはまることが決まっていたらしい。
笑える~
IMG_5082.jpg
最後に、マダニに咬まれた時に出るSFTS(重症熱性血小板減少症候群)について・・・
保護しようとしたニャンコに咬まれての発症か?
という事例が確認されたそうです。
ただ、マダニに本当に刺されていなかったかは1年も前に亡くなっておられるので
確認のしようがないとのこと。
ニャンコだけでなく、わんこに咬まれても同じことは起こりうる可能性があるんではないでしょうか?
マダニに刺されない工夫、
刺された時の対処
ニャンコに咬まれない工夫
わんこに咬まれないしつけ
確認して暑いけれど楽しいワンコライフニャンコライフを送ってくださいませ。

練習すれば何でもできるようになるさ~~
姐さん・・・靴で疾走します。

災害が起きてもこの方を歩かせることはしないと思いますが・・・
苦手だからとあきらめないでくださいね。
わんこは、できたときの家族の笑顔笑い声が一番の好物なんですから・・・
* Category : うちのわんことお知らせ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-06-29 (Thu)
どうしてかな~~
すぐ、かじるんだよね~

めちこも、ジャックだったのを認識したのは先月のこと。

ふれあいに行くのに
暑かろうと、保冷剤をタオルに包んでクレートに。
まぁ、姐さんはペットボトルも壊すし、なんでも破るので
彼女には入れませんでしたが
めちこは、今まで大丈夫だったので・・・
そしたら、
帰りに保冷材の袋が破れていることを見つけ・・・
病院に走りましたとも・・・

吸収ポリマーのカチカチに凍る方だったので
事なきを得ましたが
柔らかいままの保冷材だったら死んでたかもです。

なので、もう、こ奴らには、保冷材は入れず、
外から凍ったペットボトルで冷やすことに決定!!!

アカラスさんごも、予定通り2か月で、治ったし。。。
今のところウチの連中はオッケー。

で本題。
日曜にワン友さんから
膵炎で入院になりました。
と連絡が。
大丈夫。
治るよ。
翌日、
膵炎を示していたであろうリパーゼの値は正常値になったんですが
バリウムを流したら、変な感じで小腸と大腸が写ったようで
開腹することになりました。
と。
え~~~~~~~~~~
とっても大事に飼ってくださっているご家族なので
さぞ、テンパっているだろうと、手術に立ち会うべく走りました。
これが月曜の夜。

大腸にはお水が溜まっていました。
水風船のようにパンパンで
美しい色をしていました。
小腸も同じ感じ。
悪くないな~~
胃をもう一度・・・
何か固い気がする・・・
院長先生の神の手が・・・
切ると治りが悪くなるから切りたくない・・・
んじゃ、内視鏡!!!!
開腹したお腹をきれいに閉じてもらって・・・
さっきのパンパンが、おしりからお出ましに・・・
パンパンだったのは、大腸の動きが悪かったから。
刺激したもんね。。。
そりゃ、出るわ。
出た物をペットシーツの上から触った院長先生が
有った!!!
と洗って見せてくれたのがこれ。
ILLA7344.jpg
ペットボトルのふたのきれっぱし。
で、内視鏡を入れて見たら
食道には切り傷が・・・
ギザギザだもんね・・・
傷つくよね~~
その先に進んで胃の中頃まで進むと・・・
何やら、ウツボのような、ウミウシのようなものが見え・・・
そんなもんいるわけないんですが
何か長いもの。
よ~~く見るとぴろろんと繊維が見えて。
でも、何かわからず。
デカい。
でも、もうお腹閉めちゃった。
内視鏡下で出すしかない。
ゆっくりゆっくり引っ張り出しました。
それがこれ。
IMG_4697.jpg
ショート丈のストッキング。
DZRG1190.jpg
きれいに洗って、リビングのみんなが見れるところに戒めとして
飾っておきなさいと言いました。
何を思ってどんなタイミングで食べたのかはわかりません。
ただただ、気持ち悪くて、何度ももどし、
家族と離れ、入院点滴・・・
手術して痛くて辛くて・・・
二度とこんな思いをわんこにさせないようにすべきです。
家族も、こんなつらい思いはなかったと思います。
生きた心地がしなかったと思います。
WJKY8518.jpg
生活環境を見直してくださいね。
わんこにダメと言わなくてもいいように工夫してください。
今日無事退院してきました。
良かったです。
よく見てくださいね。
100はないんですから、信用しすぎないようにしてください。
もう!!
で終わればありがたいです。
笑い話で済めば儲けもんです。
相談には乗りますからね。
* Category : まじめ
* Comment : (0) * Trackback : (-) |